富山県立中央病院

文字の
サイズ

  • 文字を大きくする
  • 文字を小さくする

内科(呼吸器)

お知らせ

肺癌に対する免疫療法について

2016/03/18

 免疫療法は手術・放射線・抗がん剤に次ぐ第4の治療法として期待されています。平成27年12月にPD-1抗体であるニボルマブ(商品名;オプジーボ)が保険適応となり、日常診療で使用可能となりました。今のところ、進行肺癌の方で …続きを読む>>

肺癌の分子標的治療薬について

2016/03/18

 日本においては、平成14年のゲフィチニブ(商品名;イレッサ)の登場に始まり、重篤な薬剤性肺炎の出現など紆余曲折を経ながらも、分子標的治療薬は従来の細胞傷害性抗癌剤に比較して高い効果を示し、現在の肺癌の個別化医療に欠かせ …続きを読む>>

気管支熱形成術(気管支サーモプラスティ)について

2016/03/18

 平成27年7月に日本でも保険適応となった気管支喘息に対する新しい治療法です。気管支鏡からカテーテルを挿入し、高周波電流で気管支壁を暖めることで気管支の平滑筋の量を低下させ、気管支の収縮を抑制して気管支喘息の発作を抑える …続きを読む>>

特発性肺線維症(特発性間質性肺炎の一種)に対する新規治療薬について

2016/03/18

 平成27年5月のアメリカ胸部学会(American Thoracic Society)で、特発性肺線維症に対する新しい薬剤としてピルフェニドン(商品名;ピレスパ)とニンテダニブ(商品名;オフェブ)の臨床試験の結果が発表 …続きを読む>>

ページトップに戻る