富山県立中央病院

文字の
サイズ

  • 文字を大きくする
  • 文字を小さくする

救命救急センター

概要

救急救命センターphoto 救命救急センターは富山県の二次および三次の救急医療を担う機関とし て昭和54年に開設され、県東部の救急医療の最後の砦として最善の医療 が提供できるよう365日、24時間体制をとっています。平成12年より救急 専任医が常駐し日本救急医学会の救急科専門医指定施設となっており、厚 生労働省の指定する救命救急センターで基幹災害拠点病院にも指定されています(この両方の指定を受けている県内唯一の医療機関です)。
 実際的には、当院の救命救急センターはしっかりとした各専門診療科を 背景に ER 型(北米の救急医療体制)の診療体制をとっており、重症外傷 、 心肺停止、 脳卒中、心臓発作、広範囲熱傷、急性薬物中毒などの重篤な疾患から比較的軽症の急性疾患まで幅広く患者を受け入れているのが現状です。

特徴・特色

ドクターヘリ 年間の来院患者総数は 約12,000名、そのうち救急搬送数約5,000名、入院患者数は約4,800名です。心肺停止患者は年間約120名です。
 当院の救急専任医の果たしている役割として、(1)各種の疾患や外傷など に対する判断(トリアージ)、(2)患者の状態の安定化のための気管挿管、胸腔穿刺、穿頭術、開胸心臓マッサージなどの緊急処置、(3)院内の各診 療科、他の医療機関、救急隊、警察官などの橋渡し役、(4)救急隊へのメディ カルコントロール、(5)臨床研修医や院内スタッフ、救急隊員、一般市民などへの救急医療に関する教育(BLS、ACLS などのオフザジョブトレーニング)、 (6)災害医療に関する院内教育や災害医療派遣チーム(DMAT)での中心 的な働きなどがあります。
 中でも屋根瓦方式を基盤とした臨床研修医教育、院内スタッフに対するオフザジョブトレーニングや災害訓練、医師の救急車同乗などによる救命救急士への直接的指導には特に力を入れています。

救命センターでの業務・教育体制など

曜日・時間
就業前       8:00~
ICU回診
 
  センター業務 センター業務
指導医の救急車同乗による救命士直接指導(ワークステーション方式)
センター業務 センター業務
午前:研修医症例検討会,抄読会(EBM),ミニレクチャー:症候学,外傷,災害医療,中毒・環境要因など
センター業務
時間外 救急患者症例検討
隔週月曜日
18:00~
研修医画像検討会
救急患者症例検討
毎月
第3火曜日
19:00~
EBM勉強会
救急患者症例検討
毎月
第3水曜日
17:30~
救急搬送患者事例検討会(消防局・署合同)
救急患者症例検討
毎月
第1or2水曜日
17:30~
研修医感染症勉強会
救急患者症例検討

年間を通じて研修医・看護師を中心としてAHA BLS,ACLS,PALS(PEARS),ACLS-EP コース,救急隊を中心にJPTEC,ITLS,MCLSコースなどを開催。

院内防災訓練

院内防災訓練毎年大規模災害を想定した災害訓練が院内で開催されています。またエマルゴトレーニングシステムを用いた机上での災害訓練も院内スタッフに対して定期的に行われています。

診療担当表

現在、診療担当表は公開されていません。

医師紹介

医師名・職位 専門分野 資格
部長
齊藤 伸介
(さいとう しんすけ)
救急
集中治療
循環器
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本救急医学会救急科専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
部長
松井 恒太郎
(まつい こうたろう)
救急
熱傷
救急専門医
熱傷専門医
皮膚科専門医
麻酔標榜医
副医長 大鋸立邦 副医長
大鋸 立邦
(おおが たつくに)
救急医療全般 日本救急医学会救急科専門医
AHA BLS/ACLS/PALS/PEARSインストラクター
AHA BLS/ACLSインストラクタートレーナー
AHA PALSリードインストラクター
日本救急医学会認定JPTECインストラクター
日本外傷診療研究機構JATECインストラクター
ITLSインストラクター
日本DMAT隊員
副医長
渕上 貴正
(ふちがみ たかまさ)
救急医療全般
集中治療
日本救急医学会救急科専門医
麻酔科標榜医
日本DMAT隊員
JPTECインストラクター
医員 坂田行巨 副医長
坂田 行巨
(さかた ひでなお)
救急医療一般 AHA BLS/ACLS/PALSインストラクター
日本外傷診療研究機構JATECインストラクター
副医長
川向 純
(かわむかい じゅん)
呼吸器外科 AHA BLS/ACLS インストラクター
日本救急医学会認定 JPTEC インストラクター
日本外傷診療研究機構 JATEC インストラクター
副医長
向井 勇介
(むかい ゆうすけ)
循環器内科 日本内科学会認定内科医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
医員
越野 瑛久
(こしの あきひこ)
医員
江本 賢二
(えもと けんじ)
医員
河合 皓太
(かわい こうた)
内科一般 日本内科学会認定内科医
BLS/ACLSインストラクター
JPTECインストラクター
陸上特殊無線技師第3級
日本DMAT隊員
医師
古村 芳樹
(ふるむら よしき)
内科一般
医師
水田 志織
(みずた しおり)
内科、麻酔科
医師
宮越 達也
(みやこし たつや)

治療について

1.救命救急センター

救命救急センターphoto 最良の治療がすばやく実施できるよう24時間救急専任医が常駐し、救急連絡と同時に準備を開始し診療にあたっています。生化学検査、レントゲン撮影、CT、内視鏡、カテーテル検査・治療、手術がいつでも可能な設備・体制を整えています。また病院屋上にはヘリポートを備え、立山からの山岳遭難患者を中心に救急車では搬送に時間を要する重症患者の受け入れも行っています。

2.救命救急センター病床(ECU)

救命救急センター病床 中央病棟4階北に、12床の病棟を有し、毎月約200名の患者さんを収容しています。
 患者さんが安心して治療と看護を受けられるスタッフ、施設を整えています。

3.診療実績

  2005年 2006年 2007年 2008年 2009年
受診患者数 15,387 14,434 15,180 13,188 13,162
入院患者数 ICU 950 980 1,025 1,083 1,086
一般病棟 2,499 2,490 2,564 2,620 2,674
来院手段 救急車 3,365 3,321 4,054 3,766 3,767
独歩 11,982 11,052 11,068 9,368 9,013
ヘリコプター 40 61 58 42 54

主な傷病の内訳としてはおおよそ心肺停止115例、中毒66例、多発・致死的外傷49例、重症脳疾患353例、重症心疾患431例、大動脈解離・破裂26例です(2009年)。

■救急救命センターが取り組んでいる事

救命救急センターphoto1. 救急車同乗実習
 メディカルコントロールの一環として、2005年
4月より救急専任医が救命士の救急現場での医療活動の質を保証するために救急車同乗実習を開始しました。
 救急隊が救命救急センターに滞在するワークステーション形式で、3人の救急救命士とともに救急専任医師が現場へ出動しています。
 2008年は1年間で26日間実施し,70件の出動がありました。内訳は急病32件、交通事故7件、一般負傷8件、転院搬送21件、その他2件でした。

2. 各コースの開催・参加状況(2009年度)
当院で開催したコース

1 4/25-26 ITLSadvanceコース
2 6/13-14 AHA PALSコース
3 6/23 平成21年度第1回院内AED講習会
4 6/26 平成21年度第2回院内AED講習会
5 6/27 AHA BLSコース
6 6/28 AHA BLSコース
7 7/18 富山県中エマルゴトレーニングシステム開催
8 8/8-9 AHA PALSコース
9 8/22 JPTECプロバイダーコース
10 8/22 JPTECプロバイダー更新コース
11 9/6 AHA ACLS・EPコース
12 12/5 AHA BLSコース
13 12/12 AHA コアインストラクターコース
14 12/12 AHA BLSインストラクターコース
15 12/23 AHA PALSインストラクターコース
16 1/16 AHA BLSコース
17 1/16-17 AHA ACLSコース
18 2/20-21 AHA PALSコース
19 2/27 JPTEC プロバイダーコース
20 2/28 JPTEC インストラクターコース
21 3/6 AHA BLSコース
22 3/6-7 AHA ACLSコース

院外で開催したコース

1 5/10 市民公開型AED講習会 富山国際会議場
2 6/11 平成21年度第1回スポーツエキスパート研修 富山県総合体育センター
3 11/25 平成21年度第2回スポーツエキスパート研修 富山県総合体育センター

救命救急センターphoto救命救急センターphoto

 その他、各地で開催されているコースにスタッフとして参加している数は50以上にのぼり、スタッフ全員が積極的に取り組んでいます。

3. カンファレンス
・Morning conference(毎週木曜日朝8時~)
専任医と後期研修医、ローテート中の研修医が中心となってプライマリケアや救急疾患を対象とした講義、実習、症例検討を行っています。
・Journal Club(EBM styleで毎週水曜日17:30~)
専任医とローテート中の研修医で抄読会を行っています。

・Daily conference
研修医を中心にして電子カルテを用いて一日の最後にその日診療した患者さんの振り返りをスタッフと共に行っています。

・救急搬送事例検討会(月1回)
メディカルコントロールの一環として救急隊と救急搬送患者の症例検討会を行っています。単に、症例を検討するのみでなく必要に応じてトリアージ練習会、OSCE形式での救急隊の現場活動評価などを実施しています。

4.当院での救急関係の実習受け入れ状況

 2008年に当センターが受け入れた主な研修は救急救命士の気管挿管に伴う救急研修3名、薬剤投与に伴う研修4名をはじめ、救命士の養成研修、就業前研修、生涯教育、消防学校学生病院実習として30数名を受け入れています。
 また医学生(富山大学)の病院実習の一環として100名近い学生の当直実習を行っています。

5.基幹災害拠点病院としての機能を果たすために

 当院は基幹災害拠点病院に指定されており、大規模災害の際にも対応できるよう設備の充実や訓練を行っています。また大規模だけでなく小・中規模災害に対しても目を向け専用の対応マニュアルを作成、訓練を行っています。

防災訓練(2009年)の災害訓練の模様

救命救急センターphoto 救命救急センターphoto
救命救急センターphoto 救命救急センターphoto

後期研修医の募集

 年間の救急車台数4600を超える救命救急センターで豊富な症例を経験しながら、富山県の救急医療を我々と一緒に支えてくれる先生を求めています。
 初期臨床研修医教育はもとより、災害医療を含めた病院前医療、AHAなどの様々なシミュレーション教育に興味のある先生が活躍できる場も十分に用意されています。
 当院の後期研修医の募集の詳細は以下をご確認ください。

後期研修医募集要項はこちら

ページトップに戻る