富山県立中央病院

文字の
サイズ

  • 文字を大きくする
  • 文字を小さくする
先端医療棟

地域の医療機関と連携し最適かつ最先端の医療を目指す先端医療

病気の診断や治療の方法は、日々進化し続けています。
当院は、日頃より最先端の医療提供を心掛け、
患者さんお一人おひとりが、自分に最適な医療を
納得して選び、安心して受けられるよう支え続けます。

がん医療も含めた高度急性期・急性期医療において、専門的・先進的な医療を提供するともに、県内各医療機関と連携・協力して、富山県全体の医療の質の向上に取り組んでいます。

富山県全体のがん医療の質の向上をめざします。

がん医療

今や「がん」は、日本人の一生において、2人に1人が患うとされており、社会の高齢化とともに増え続けると予測されています。県内どこでも、だれもが、質の高いがん医療を受けられることが、今後ますます大切になります。当院は国指定の「富山県がん診療連携拠点病院」として専門的・先進的ながん医療を提供するとともに、県内各地の「地域がん診療連携拠点病院」と連携・協力して、富山県全体のがん診療の質の向上に取り組んでいます。
患者さんが納得し安心して治療を受けられるよう、それぞれの専門職が連携した「チーム医療」に力を入れています。がん医療は、早期診断、手術、放射線治療、化学療法、緩和ケアなど多岐にわたります。経験・知識ともに豊富な各科の専門医、看護師(がん看護専門看護師、緩和ケア認定看護師、がん疼痛認定看護師、乳がん看護認定看護師、がん化学療法認定看護師など)、薬剤師(がん専門薬剤師)、放射線技士や検査技士などが、患者さんを中心に部門を超えて連携し、お一人おひとりに最適な治療を提供いたします。
診断や治療には最新の医療技術やシステムを導入して活用しているほか、通院で化学療法(抗がん剤治療)を受けられる通院治療室を充実して、患者さんの生活の質を守ることにも力を注いでいます。また緩和ケアでは病棟開設から24年を経て、研修や事例検討などの取り組みを統合し、培った経験やノウハウを今後に生かす緩和ケアセンターを設立し、いっそう質の高いケアを目指します。

高度急性期医療

救急医療については、ドクターヘリの基地病院、3次救急を担う救命救急センター、救命救急センターの後方病床であるECU(救急治療病棟)やHCU(高度治療病棟)を有し、本年度中には、ECUとHCUをさらに発展させスーパーICU(高度集中治療センター)を立ち上げる予定です。また、高度急性期医療の一翼を担うカテーテルを用いたステント留置など血管内手術や治療にも多くの治療経験数・実績があります。県内各医療機関と連携・協力して、高度急性期医療を実践しています。

最先端のがんを含めた高度急性期医療の新拠点。

先端医療棟

 がんを含めた高度急性期医療のさらなるレベルアップを目指し、また、大災害や新型インフルエンザの大流行(パンデミック)など緊急時の対応力を強化するため、「先端医療棟」がオープンしました。

ページトップに戻る