富山県立中央病院

文字の
サイズ

  • 文字を大きくする
  • 文字を小さくする
救急医療

救えるいのちは、もっとある救急医療

緊急度・重症度の高い患者さんを、正確に初期診療し、
適切に専門医のもとへ。さまざまな専門診療科の充実を背景に、
生きようとする命に、最前の医療で応えます。

365日・24時間体制の、命の砦(とりで)。

365日・24時間体制の、命の砦(とりで)。

 富山県の救急医療の“最後の砦”として、当院の救命救急センターは365日・24時間体制で患者さんを受け入れています。重症の外傷、心肺停止、脳卒中、心臓発作、広範囲におよぶ熱傷(やけど)、急性薬物中毒など症状の重い患者さんから、比較的症状の軽い方まで幅広く、年間約12,400名を受け入れています。そのうち救急車での搬送が約4,900件(ヘリコプター搬送 約130件)、入院患者は約4,700名です。救急専任医が常駐して対応し、救急科専門指定施設にも指定されています。
さまざまな専門診療科が充実している当院の特長を生かして、診察体制は北米のER(Emergency Room)型を取り入れています。まず救急専任医が患者さんの重症度などを判断するトリアージと、正確な初期診断を行います。その後、患者さんの状態を安定させるためのさまざまな緊急処置を行ったうえで、適切に各科の専門医へ患者さんを引き渡します。
こうした診察のほかにも救急専任医は、病院スタッフや臨床研修医、救急隊員、一般市民の皆さんに、救急医療や災害医療に関する教育を行っています。さらにDMATやドクターヘリでも活動するなど、さまざまな面から救急医療の向上を担っています。

災害現場でも医療の提供に取り組んでいます。

災害現場でも医療の提供に取り組んでいます。

 平成20年(2008)2月、北陸自動車道で60台を超える多重衝突事故が発生。この緊急事態を受けて私たちは現場へ医療チームを派遣し、多数のケガ人を受け入れました。当院は県内で唯一、救命救急センターと、基幹災害拠点病院(基幹災害医療センター)の両方の指定を受けています。いざ災害が起きた時は、医療チームの派遣や傷病者の受け入れなどに率先して取り組んでいます。
災害現場のニュース映像などで、DMAT(ディーマット)と呼ばれる人々を見たことがありませんか。DMATは医師や看護師などで構成され、災害や大事故の現場で、おおむね48時間以内に活動できる機動性をもった専門的な訓練を受けた医療チームです。北陸初のDMATは平成17年(2005)に当院で誕生し、現在は3チームが在籍しています。これまで平成19年(2007)の新潟県中越沖地震、平成23年(2011)の東日本大震災などで活動してきました。

1秒でも早く、1人でも多く助けるために

ドクターヘリphoto 昨年夏、ドクターヘリが初めて北陸の空を飛びました。現在、当院を基地病院として、富山県全域および岐阜県飛騨地域北部までカバーして運航されています。
ドクターヘリは医薬品を搭載し、医師・看護師が同乗して速やかに現場に向かって救急医療を行います。患者さんの搬送時間が短縮できるだけでなく、症状の重い患者さんに医療スタッフが一刻も早く接触して、的確な診断や処置を行うことができ、救命率アップや後遺症の軽減にもつながります。1秒でも早く、1人でも多く助けたい…“All for TOYAMA”の精神で活動するドクターヘリは、富山県の緊急医療に新しい可能性をひらきます。

ページトップに戻る