富山県立中央病院

文字の
サイズ

  • 文字を大きくする
  • 文字を小さくする

内科(血液)

概要

 当科では、急性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの造血器腫瘍を中心に血液疾患全般の診断・治療を行っています。当院の機動性を活かし、他科とも協力し、迅速に診断と治療が行えるように心がけています。また安全で安心できる医療を実践するため、医師・看護師・薬剤師・検査技師のコミュニケーションを円滑に行い、さらに医事職員や福祉担当者も交え、患者さんを中心としたチーム医療を行います。最新の医学情報をいち早く吸収し、豊富な診療経験をもとに、信頼される診療と充実した研修・教育に努めたいと思っています。

診療担当表

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
再診13         近藤
再診15(造血幹細胞移植外来) 丸山 近藤 奥村 丸山 奥村

※造血幹細胞移植外来は、月、水、木、金のみ

医師紹介

医師名・職位 専門分野 資格など
部長 奥村廣和 部長
奥村廣和
(おくむら ひろかず)
血液内科一般
化学療法
造血幹細胞移植
日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本血液学会専門医・指導医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医
日本造血細胞移植学会認定医
医学博士
部長
近藤 恭夫
(こんどう ゆきお)
血液内科一般
化学療法
造血幹細胞移植
日本内科学会認定医・指導医
日本血液学会専門医・指導医
日本造血細胞移植学会認定医
日本血液疾患免疫療法学会評議員
医学博士
副医長 丸山裕之 医長
丸山 裕之
(まるやま ひろゆき)
血液内科一般
化学療法
造血幹細胞移植
日本内科学会認定医・総合内科専門医
日本血液学会専門医
医学博士
医師
山田 真也
(やまだ しんや)
血液内科一般
化学療法
造血幹細胞移植
血栓止血
医師
松本 直樹
(まつもと なおき)
血液一般

がん遺伝子パネル検査について

がん遺伝子パネル検査を希望される患者さんへ(PDF)

がん遺伝子パネル検査とは

がん遺伝子パネル検査では、高速で大量のゲノム情報を読み取る「次世代シークエンサー」という解析装置により、生検や手術などで採取されたがんの組織を用いて、1回の検査で多数(数十~数百)の遺伝子を同時に調べます。
検査の結果遺伝子変異が見つかり、その遺伝子変異に対して効果が期待できる薬がある場合には、臨床試験などでその薬の使用を検討します。
なお、がん遺伝子パネル検査については国立研究開発法人 国立がん研究センター(がんゲノム情報管理センター)のホームページでも紹介(動画)されていますので、参考にしてください。

国立がんセンター https://www.ncc.go.jp/jp/c_cat/index_kan_jya.html(外部リンク)

利用可能なパネル検査

当院で行っているがん遺伝子パネル検査は、以下の2種類です。両方の検査を受けることはできません。いずれか一方のみの選択となります(他院を含め、保険適応されるのは一患者一回)。また、検査開始後に変更することはできません。
なお、いずれの検査を受けるか主治医と相談していただきますが、最終的には患者さんのご判断になります。

がん遺伝子パネル検査名
OncoGuide™ NCCオンコパネルシステム(以下「オンコパネル」という。)
Foundation-One CDx がんゲノムプロファイル(以下「F1 CDx」という。)

(参考)
オンコパネルについて
 http://lifescience.sysmex.co.jp/products/oncoguide/index.html(外部リンク:医療関係者を選択)

F1 CDxについて
 https://chugai-pharm.jp/pr/npr/f1t/index/(外部リンク)

検査の対象

本検査は、だれでも受けられる検査ではありません。
「標準治療がない固形がん患者又は局所進行若しくは転移が認められ標準治療が終了となった固形がん患者(終了が見込まれる者を含む。)であって、関連学会の化学療法に関するガイドライン等に基づき、全身状態及び臓器機能等から、本検査施行後に化学療法の適応となる可能性が高いと主治医が判断した者に対して実施する場合」に保険適応できることとされています。
本検査が保険適応されるためには、患者さんの状態・状況が以下の要件を満たす必要があります。要件を満たさない患者さんの検査についてはお受けできません。

  • 原則20歳以上
  • PS(Performance Status)が0または1であり予後3ヵ月以上が見込まれる
    0 全く問題なく活動できる。発病前と同じ日常生活が制限なく行える。
    1 肉体的に激しい活動は制限されるが、歩行可能で、軽作業や座っての作業は行うことができる。
    2 歩行可能で自分の身の回りのことはすべて可能だが作業はできない。
    日中の50%以上はベッド外で過ごす。
    3 限られた自分の身の回りのことしかできない。日中の50%以上をベッドか椅子で過ごす。
    4 全く動けない。自分の身の回りのことは全くできない。完全にベッドか椅子で過ごす。

     (参考)ECOG(米国の腫瘍学の団体の1つ)が定めているPS

  • 他院を含め、過去に「がん遺伝子パネル検査」を受けたことが無い(保険診療で認められているのは1患者1回のみです)
  • 悪性固形腫瘍と診断されている
  • 検査機関に提出できる腫瘍組織検体がある(以下に示す「病理検体についてのお願い」を参照願います。)もしくは再生検が可能である(ただしセルブロックは除く)
  • 治癒切除不能または再発の病変を有し以下のいずれかの条件に該当する
    ・標準治療がない(希少がん)
    ・標準治療が終了している
    ・標準治療の終了が見込まれる
  • 検査施行後に化学療法の適応となる可能性が高いと主治医が判断している。

(注)他院で治療を行っている場合で、当院での検査を希望される場合は、現在治療中の医療機関の主治医にご相談いただき、当院への紹介状等をお持ちになってからご来院願います。紹介状の無い患者さんの検査はお受けできません。
病理検体について(Word)

検査結果に基づく治療について

がん遺伝子パネル検査を受けても必ず治療法が見つかるわけではありません。がん遺伝子パネル検査を受けられる前に、あらかじめ以下の事項についてご理解願います。

がん遺伝子パネル検査で期待できること

がん遺伝子パネル検査を行って遺伝子変異が見つかった場合は、その遺伝子変異に対応した薬があれば、臨床試験などでその薬を使用することを検討できます。また、新たな治療法の開発などにつながる可能性があります。

がん遺伝子パネル検査の限界

検査の結果、遺伝子変異が見つからない場合もあります。がんの種類にもよりますが、治療選択に役立つ可能性がある遺伝子変異が見つかるのは全体の約半数の患者さんです。しかし、遺伝子変異があっても、使用できる薬がない場合もあり、がん遺伝子パネル検査を受けて、自分のがんに合う薬の使用(臨床試験を含む)に結びつく人は全体の10%程度といわれています。

二次的所見について

がん遺伝子パネル検査では、多くの遺伝子を調べるため、本来目的とする個別化治療とは別に、がんになりやすい遺伝子をもっているかがわかる場合があり、これを二次的所見といいます。この場合、将来の健康に対する不安が生じる可能性があります。もちろん、もともと調べたいがんのこと以外(遺伝性のがんなど)は、たとえ見つかったとしても結果を聞かなくても構いません。

その他

検査に用いる病理標本は、以前に手術などで摘出したがんの組織を使用しますが、提出した腫瘍組織検体から十分なゲノム情報を取得できなかった等の理由から、検査会社の判断により検査が実施できない場合があります。また、場合によっては新たに組織を採取するために生検を行うことがあります。この場合、生検に伴って体への負担や、別に費用が発生する場合があります。

検査費用

がん遺伝子パネル検査については、保険点数56,000点(1点=10円。3割負担の場合168,000円)をお支払いいただくことになります。なお、この費用は検査の進捗に伴い①同意書を提出され検査が開始される時点で8,000点、②検査結果の説明を受けた時点で48,000点の2段階のお支払いとなります。
また、検査費用のほか外来受診料なども必要になることに加え、再生検が必要になった場合や遺伝カウンセリング等の費用が別途発生する場合があります。
患者さんのご希望により検査途中で検査を中断する場合は、下記のように実費をご負担頂くことになります(保険の適応はできません)。

(参考)「高額療養費制度」が利用できますので、収入に応じて決められた自己負担分以外は払い戻しを受けることができます。詳しくは医事課にお問い合わせください。ただし、次の表の①の場合には高額療養費制度の利用はできません。

検査名 検査費用
(3割負担の場合)
①患者さんのご希望により
検査中断した場合 ※1 ※2
その他
オンコパネル 168,000円 約500,000円~
600,000円
外来受診料、採血費用、
生検費用等、の費用が必要
F1 CDx

※1 実費請求します
※2 検査対象のがん種に関して、患者さんから「がん遺伝子パネル検査」の検査結果を聞きたくないと意思表示された場合や、検査途中で検査の継続を取り下げたいと意思表示された場合

検査の流れ

  • 受診・検査説明
    主治医等から検査の説明を行います。
  • 腫瘍組織検体の確認
    当院において、検査機関に提出できる腫瘍組織検体の存否を確認します。存在しなかった場合は別途生検等を実施する場合があり、別に費用が発生します。
  • 同意書の提出
    検査を希望するかどうかを確認させていただきます。
  • 検査機関による検査の実施
    検体を専門の検査機関へ提出し遺伝子解析を行います。
  • 専門家会議(エキスパートパネル)の実施
    当院の主治医等と国立研究開発法人 国立がん研究センター中央病院(がんゲノム医療中核拠点病院)の、がんゲノム医療の専門家を交えた検討会議(エキスパートパネル)を実施します。
  • 検査結果を説明
    主治医等から検査結果の説明を行います。
  • 検査費用の支払い
    「検査費用」の項目をご確認ください。

受診方法

当院で治療中の患者さん

直接当院の主治医、がん相談支援センター等にご相談ください。

当院以外で治療中の患者さん

現在治療中の医療機関にご相談ください。紹介状の無い患者さんの検査はお受けできません。

医療機関の皆様へ

富山県立中央病院では、国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院と連携し、がんゲノム医療を行う「がんゲノム医療連携病院」として、今般保険適用となった「がん遺伝子パネル検査」を令和元年9月から実施することといたしました。
この検査は、生検や手術などで採取された「がん」の組織を、高速で大量のゲノムの情報を読み取る「次世代シークエンサー」という解析装置を用いて、1回の検査で多数(数十~数百)の遺伝子を同時に調べる検査であり、本検査により遺伝子変異が見つかった場合は、その遺伝子変異に対して効果が期待できる薬について、臨床試験などでその薬の使用を検討することにつながります。
ただし、検査を受けるにはいくつかの要件(保険適応要件)があります。詳しくは「がん遺伝子パネル検査について(医療機関向け)」を参照してください。
がん遺伝子パネル検査について(医療機関向け)(PDF)がん遺伝子パネル検査を希望される患者さんへ(PDF) 再掲

がんゲノムパネル検査の申込手順

1)患者さんへの検査の説明

※ 同意書につきましては、当院で改めて検査のご説明を行ったうえで患者さんからいただくこととしておりますが、以下の資料等を参考に検査について患者さんへご説明願います。

説明用資料:OncoGuide™ NCCオンコパネルシステム
がん遺伝子パネル検査に関する説明文書(PDF)

説明用資料:Foundation-One CDx がんゲノムプロファイル
がん遺伝子パネル検査に関する説明文書(PDF)

OncoGuide™ NCCオンコパネルシステム がん遺伝子パネル検査同意書・意思変更申出書(Word)Foundation-One CDx がんゲノムプロファイル がん遺伝子パネル検査同意書・意思変更申出書(Word)

2)適応要件の確認

本検査にはいくつかの適応要件があります。患者さんとご相談のうえ適応要件の確認をお願いします。なお、適応要件を満たしていない患者さんの検査はお受けできません。適応要件は「がん遺伝子パネル検査について(医療機関向け)」に記載のとおりです。
がん遺伝子パネル検査について(医療機関向け)(PDF) 再掲

3)検査の申し込み

次の書類を整えて当院の地域連携室へお申し込みください(地域連携室にFAXしてください。)。診療情報提供書は患者さんにお渡しして、ご持参されるよう手配してください。
① がん遺伝子パネル検査 予約申込書(Word)② 診療情報提供書(Word)

4)病理検体の送付

本検査のために、患者さんが当院に来院される日(当院の予約日)まで病理検体をお送りいただくか、患者さんにご持参するよう手配してください。また、病理検体の詳細を確認するため以下の「病理検体について」の必要事項を記載し添付してください。
病理検体について(Word) 再掲

5)「富山県立中央病院C-CAT情報登録用紙」の提出

がんゲノム情報管理センター(C-CAT:Center for Cancer Genomics and Advanced Therapeutics)への情報登録(保険適応要件)のため、貴院での治療状況等を把握する必要があります。専用の様式により所定の期限までご提出願います。
※様式は、エキスパートパネル開催前用と開催後用の2種類あります。
エキスパートパネル前)富山県立中央病院C-CAT情報登録様式(地域連携)(Word)エキスパートパネル後)富山県立中央病院C-CAT情報登録様式(地域連携)(Word)

6)問診票の作成依頼

本検査を円滑に進めるため、患者さんが当院に来院されるまでに以下の「問診票」を記載し、当院に提出するよう患者さんに依頼してください。
問診票(連携用)(Word)

ページトップに戻る