富山県立中央病院

文字の
サイズ

  • 文字を大きくする
  • 文字を小さくする

リハビリテーション科

概要

 リハビリテーション科は、中央診療棟に属し、理学療法部門、作業療法部門、言語療法部門、およびリハビリテーション医師診療室より成り立っています。施設基準は、脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)、運動器リハビリテーション(Ⅰ)、呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)、心大血管リハビリテーション(Ⅰ)、廃用症候群リハビリテーション(Ⅰ)、がん患者リハビリテーション(Ⅰ)です。

リハビリテーション科photo 各科入院の大部分は急性期治療ないし手術が目的であり、当科は次期のリハ医療(回復期リハ、地域リハ)に、より良い機能・ 能力でつなげるべく、以下の役割を担っております。
・ベッドサイドより早期アプローチの充実
・地域医療連携室との連携(脳卒中・大腿骨頸部骨折地域連携パスなど)
脳卒中・神経疾患・骨折・人工関節置換術・手の外科・循環器疾患・呼吸器疾患など、あらゆる診療科に対応しており急性期からリハビリを開始します。
1)理学療法では、基本動作能力の回復や維持、障害予防のために運動療法や日常生活動作練習を行っています。
2)作業療法では、機能回復、日常生活活動、手工芸を行っています。必要に応じて、自助具や補装具を作成します。
3)言語聴覚療法では、言語機能障害や摂食嚥下障害に対して言語訓練や摂食嚥下機能訓練を行っています。
4)物理療法では、疼痛・麻痺筋治療、循環の改善を図るために、温熱療法・電気療法や牽引療法を行っています。

診療担当表

現在、診療担当表は公開されていません。

医師紹介

医師名・職位 専門分野 資格
部長・医長 中村琢哉 医長
中村 琢哉
(なかむら たくや)
関節外科 医学博士
金沢大学医薬保健学域医学類臨床准教授
日本整形外科学会専門医
日本股関節学会学術理事
変形性股関節症ガイドライン委員
中部日本整形外科学会評議員
日本体育協会公認スポーツドクター
医師
石原 彩子
(いしはら あやこ)

治療について

1.理学療法(PT:Physical Therapy)

リハビリテーション科photo 理学療法とは体に障害のある人や、障害の発生が予測される人に対し、基本動作能力の回復や維持、障害の予防のために、運動療法や日常生活動作練習、物理療法などを行うことを言います。
 当院では、脳血管障害、骨折、関節症、神経筋疾患、その他あらゆる疾患、あらゆる診療科に対応しています。患者さんが一日でも早く社会復帰・家庭復帰できるように援助いたします。

1.運動療法

 筋肉・関節可動域・バランス練習・痛みの改善(回復)などを通じて、日常生活活動(起きる・座る・立つなど)・歩行などの運動能力を高めます。

2.日常生活動作練習

 日常生活で行っている、座る・立つ・歩くといった起居・移動動作や食事・排泄・入浴などの身の回り動作をスムーズに行えるように、必要な動作の助言・指導・練習などを行います。

2.作業療法(OT:Occupational Therapy)

リハビリテーション科photo 作業療法とは病気や事故で身体障害を負った方や心に障害を持った方に対して、作業活動を用いて身体的・心理的に機能回復を促し、また残された機能を最大限活用し、家庭・社会に復帰できるように指導・援助を行うことです。

作業活動

 日常生活活動(食事、更衣、排泄、整容、移動)、手工芸、木工、家事動作、その他
 当院の作業療法室では、様々な疾患(脳血管障害、手の外傷、頚椎症など)の方々に対して急性期より治療・指導を行っています。

3.言語聴覚療法(ST:Speech Therapy)

リハビリテーション科photo 言語聴覚療法とは、ことばによるコミュニケーションや食事の飲み込みに障害を持った方に対して各機能の改善を促す練習、残存機能を利用した日常生活および社会生活を営むための指導や助言などの支援を行うことです。
 当院では主に成人の言語障害(失語症、運動障害性構音障害など)、摂食・嚥下障害を対象としています。

1.失語症

 事故や脳血管障害など様々な理由で左大脳半球にある言語機能の中枢が障害され、「聴く」、「話す」、「読む」、「書く」といったコミュニケーション全般において何らかの支障がある状態。
 ・絵カードや文字カードなどを用いて練習を行います。

2.運動障害性構音障害

 発声発語に関わる神経や筋肉の病変のため構音器官が適切に作動できなくなるために正確な言語音が得られない状態。
 ・口の体操や発生・発語などを中心に練習を行います。

3.摂食・嚥下障害

 食事や水分などを飲み込む前の準備段階を含め「口から食べられない」ことを摂食障害とよびます。嚥下障害は「飲み込むこと」が障害されたことをさします。
 ・口の中を刺激したり、実際に食物を用いて飲み込みの練習をします。食事時の姿勢や食物の形態など食事環境の調整なども行います。

ページトップに戻る