富山県立中央病院

文字の
サイズ

  • 文字を大きくする
  • 文字を小さくする

皮膚科

概要

皮膚科photo 皮膚科の扱う疾患は炎症、感染症、腫瘍、遺伝性疾患、代謝 性疾患、膠原病、薬疹、血行障害など多岐にわたっているのが特徴です。
 ダーモスコピーや皮膚生検を積極的に行い専門性の高い診断と光線療法、手術 療法など疾患に応じた様々な治療を提供しています。
 また、院内での褥瘡対策として看護師、管理栄養士、理学療法士などと連携し回診や研修会を行い予 防に努めています。

皮膚科photo 当院の皮膚科では皮膚疾患全般について質の高い医療を提供することを目標にスタッフ全員で努力しています。なかでも皮膚 腫瘍に関してはがん拠点病院としての特性を活かし外来化学療法や,放射線療法,γプローブを用いたセンチネルリンパ節生検、 遺伝子解析など高度な診療を行う体制を整えており、例年600件を超える腫瘍摘出術および皮膚生検を施行しています。高齢者 のがん患者には QOL に配慮した日帰り手術も積極的に行っています。
 乾癬などの皮膚疾患に対しては全身型の UVA およびナローバンド UVB、ターゲット型エキシマライトの照射装置を用いた光線 療法の他に、重症の乾癬には生物学的製剤を用いた治療も可能です。その他入院の必要な代表的な皮膚疾患である帯状疱疹 と蜂窩織炎ではクリニカルパスを利用することで入院期間の短縮と地域の医療機関との連携を図っています。

診療面のアピール

 当院の皮膚科は皮膚疾患全般について質の高い医療を提供していますが、特に皮膚がんと下肢静脈瘤の治療に力を入れています。また、全国の大学や病院と連携して新しい治療法の開発のための臨床試験や臨床治験も積極的に行っています。

(1)皮膚がん
 皮膚がんと呼ばれるものの中には「ほくろのがん」として知られる悪性黒色腫や、基底細胞癌、有棘細胞癌、ボーエン病、乳房外パジェット病など症状や予後の異なるものが多数含まれています。この中で最も患者数の多いのは基底細胞癌ですが、これは転移しないのが特徴ですので命に関わることはありません。それぞれのがんの特徴に応じた適切な治療を行うためには、皮膚科専門医による正確な診断が重要です。当科には皮膚がんの専門医が2名おり、診断から治療まで患者さんの症状に応じた適切な診療を行っています。最近では悪性黒色腫の新薬である免疫チェックポイント阻害薬や分子標的薬による治療例が増えています。

下肢静脈瘤(2)下肢静脈瘤
 心臓から供給された血液は静脈を通って足の先端から心臓まで還ってきます。重力に逆らって下から上に流れるシステムが加齢などの影響でうまくいかなくなると静脈に血液が停滞して瘤のように盛り上がってくることがあり、これを静脈瘤といいます。血液の流れが滞ると血栓といって血液の塊が血管を閉塞することがあり、いろいろな症状を引き起こすことがあり、注意が必要です。当科では手術で傷んだ静脈を除去する方法(静脈抜去術)、静脈を縛って流れなくする方法(高位結紮術)、注射で静脈を閉塞させてしまう方法(硬化療法)などを行っています。カテーテルで血管の中から治療する方法(レーザー・高周波治療)は現在行えませんが、機器が導入されれば行える体制を整えています。

当院で対応可能な治療・検査(代表的なもの)

 ダーモスコピー検査、センチネルリンパ節生検(γプローブ使用)、下肢静脈瘤静脈抜去術、高位結紮術、硬化療法、ボトックスによる多汗症治療、紫外線療法(PUVA、NB-UVB、エキシマ)、パッチテスト(金属、パネル)、悪性黒色腫に対する免疫チェックポイント阻害薬、分子標的薬治療、乾癬に対する生物学的製剤治療、円形脱毛症に対するステロイドパルス療法、SADBE外用療法、尋常性白斑に対する点状皮膚移植術、隆起性皮膚線維肉腫の遺伝子診断、Qスイッチルビーレーザー治療

診療担当表

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 1診 八田 八田 八田 八田 八田
2診 石井 石井 石井 石井 木田
3診 木田 澤田 澤田 澤田 澤田
午後 1診 八田       石井
2診 石井       澤田
3診 澤田        

初診は午前のみ
手術日…火、水、木の午後
パッチテスト 月、火の午後
月、木の八田は、病棟回診のため10:00から

医師紹介

医師名・職位 専門分野 資格
医長 八田尚人 部長
八田 尚人
(はった なおひと)
皮膚癌、皮膚外科、遺伝性疾患 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
皮膚悪性腫瘍指導専門医
医長 石井貴之 医長
石井 貴之
(いしい たかゆき)
皮膚外科、レーザー、下肢静脈瘤 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
皮膚悪性腫瘍指導専門医
医師
澤田 香織
(さわだ かおり)

治療について

1.皮膚癌検診のすすめ

 胃ガンや子宮癌には神経質な皆さんも、皮膚癌には意外に無頓着ではありませんか?皮膚癌には多くの種類があり、その症状も色々です。以下のような症状のある方は一度受診してください。疑わしい病変を早期に発見して治療することがとても大切です。

皮膚癌例・若いころのやけどや放射線治療のあとのひきつれに傷ができてなかなか治らない。または最近ひきつれの一部が盛り上がってきた。

皮膚癌例・顔に小さい傷ができて、なかなか治らない。

皮膚癌例・顔にほくろとは違う小さな黒いできものができてきた。
・頭をぶつけたあとに紫色のしみのようなものができてきた。

皮膚癌例・外陰部に痒い湿疹があり、治療しているが、なかなかよくならない。

皮膚癌例・足の裏に7ミリ以上の大きさの黒いしみがある。

皮膚癌例・手や足の爪に黒い線があり、徐々に幅が広くなってきた。
・手足の爪の下にできものができて、爪が割れてきた。

皮膚癌例
・からだや四肢に数cmの大きさの赤い湿疹のようなものがある。

Qスイッチレーザー照射装置が更新されました。

Qスイッチレーザー照射装置2015年12月にQスイッチレーザー照射装置が更新されました。対象となる疾患は太田母斑、異所性蒙古斑、外傷性異物沈着症(外傷性刺青)、扁平母斑(カフェオレ斑)で、青色〜茶色のあざとなります。(ダイレーザーやCO2レーザーによる治療は行っていません)

ページトップに戻る