富山県立中央病院

文字の
サイズ

  • 文字を大きくする
  • 文字を小さくする

形成外科

概要

 先天性・後天性の変形や欠損に対し、機能とともに形態も含め て修復してQOLの向上をはかる「再建外科」をおこなっています。保険診療で あるため治療対象・材料・治療法などには制約がありますが、最高の手技を 提供するよう努めています。

形成外科 体表面の先天異常(顔面:眼瞼下垂など、手足:多指症など)、顔面の外傷(骨折、涙道損傷、神経損傷など)、熱傷・凍傷、 機能障害を伴う瘢痕、顔面神経麻痺、悪性腫瘍に関連する再建、義眼床手術など行っております。手術用顕微鏡は血管・神経・ 涙小管の再建だけでなく、腫瘍や陥没乳頭などにも使用し、腫瘍の被膜、近接する神経や血管、乳管などの損傷を回避しています。

診療担当表

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前1診 氷見 氷見 氷見   氷見
午前2診 竹村 竹村 竹村 竹村 竹村

手術日(中央手術室)…月、水、木

医師紹介

医師名・職位 専門分野 資格
部長
氷見 祐二
(ひみ ゆうじ)
形成外科一般 医学博士
日本形成外科学会認定専門医
医師
竹村 朋子
(たけむら ともこ)

日本形成外科学会が定める疾患分類

(公的保険の給付対象として認められていない治療対象や治療法が含まれます。)

  • 新鮮熱傷
    ・小範囲熱傷 ・広範囲熱傷 ・電撃傷 ・化学損傷 ・凍傷
  • 顔面の軟部組織損傷・骨折
    ・鼻篩骨骨折 ・眼窩骨折 ・頬骨骨折 ・上下顎骨骨折 ・顔面神経損傷 ・涙道損傷など
  • 口唇裂・口蓋裂
  • 手足の外傷・先天異常
    ・合指症 ・多指症 ・その他の四肢異常 ・切断指再接着 ・手指外傷 ・変形
  • その他の先天異常
    ・頭蓋骨縫合早期癒合症 ・先天性眼瞼下垂症 ・小耳症 ・耳垂裂 ・埋没耳 ・その他の耳介異常
    ・正中頚嚢胞 ・副乳 ・陥没乳頭 ・臍突出症 ・尿道下裂など
  • 母斑、血管腫、良性腫瘍
  • 悪性腫瘍およびそれに関連する再建
  • 瘢痕、瘢痕拘縮、肥厚性瘢痕、ケロイド
  • 褥瘡、難治性潰瘍
  • 美容外科
  • その他
    ・顔面神経麻痺 ・後天性眼瞼下垂症 ・陥入爪 ・義眼床手術 ・腋臭症など

治療について

当科で行っている治療

 保険の給付対象となる傷病に対し、保険で認定されている治療をおこなっています。
 (血管奇形に対する硬化療法、ケロイドに対する電子線療法など、保険給付の対象として認定されていない治療法はおこなっていません。)
Ⅰ. 手術・・・診察時に予約を取っていただく必要があります。
Ⅱ. 保存的治療
A)対象:ケロイド
B)治療効果:痒み・痛みが軽減しますが、根治は期待できません。再発してきたら治療を繰り返します。

公的医療保険制度(健康保険)

 給付の対象となる疾患や治療方法は法律により決められています。整容を目的とする手術(シミ、ほくろ、機能障害を伴わない傷跡など)は保険の対象になりません。
 疾患が給付対象であっても、給付の対象外とされたり、制限を受ける事例として、「本人の犯罪行為が原因の傷病」、「故意に起こした傷病」、「ケンカ・泥酔による傷病」、「第三者行為による傷病(交通事故、傷害など)で届けのない場合」などがあります。
 健康保険以外に育成医療制度や更正医療制度などの治療費を公的に減免できる制度もありますので、居住地を管轄する厚生センターまたは保健所にご相談ください。

育成医療(対象は18歳未満)

 形成外科領域では、手足先天異常、瘢痕拘縮などによる四肢・体幹・眼瞼の運動障害、眼瞼下垂症、顎裂・口蓋裂などが給付対象となります。

美容外科

 美容医療は次々に先端技術・特殊器械・新薬などを吸収して進歩しています。当科は各施設の設備投資の現状や方針を把握しておりません。希望される方は該当する施設で御相談ください。

ページトップに戻る