富山県立中央病院

文字の
サイズ

  • 文字を大きくする
  • 文字を小さくする

内科(内分泌・代謝)

 

概要

主な内分泌臓器 生体は種々の作用を持つホルモンが調和して、生体の恒常性を保ち維持しています。この機能が内分泌・代謝であり、当科ではこのような内分泌臓器の機能異常に基づく疾患を診療しています。生体の中枢である間脳・下垂体の疾患の診断やホルモン補充療法、バセドウ病など甲状腺機能異常の診断・治療、甲状腺腫瘍の診断、副甲状腺疾患、クッシング症候群、褐色細胞腫、原発性アルドステロン症など副腎腫瘍の診断などを行っています。
 代謝疾患の代表である糖尿病、脂質異常症、メタボリック症候群などの生活習慣病に対しては、様々な職種とのチームを組んで治療・指導にあたりすぐれた効果をあげています。またさまざまな診療科に入院され治療を受けられる糖尿病の方に対しても糖尿病専門医、日本糖尿病療養指導士、糖尿病認定看護師、その他専門スタッフが携わる「糖尿病チーム医療」が血糖や栄養管理をサポートし最高の治療結果が得られるように努めています。

1.内分泌疾患の診断

 内分泌・代謝専門医の見地から、糖尿病、高血圧、肥満に潜む内分泌疾患を診断します。糖尿病の原因となり得る代表的な内分泌疾患として、副腎腫瘍であるプレクリニカルクッシング症候群、褐色細胞腫や原発性アルドステロン症、下垂体腫瘍である先端巨大症などがあります。血清ナトリウムやカリウムなどの電解質の異常値からアジソン病、副甲状腺疾患などを診断します。口渇症状がきっかけとなり、リンパ球性下垂体後葉炎などの種々の内分泌疾患の診断に至ることもあります。下垂体腫瘍、副腎腫瘍などの腫瘍性疾患は各外科系との連携により迅速な手術へと繋げています。

2.甲状腺疾患診療の充実

内科(内分泌・代謝)photo 甲状腺疾患は、バセドウ病や甲状腺機能低下症などの治療を行っています。若年女性のバセドウ病は、母体、胎児、新生児の健康に関連があり特に慎重に診療を行う必要があります。甲状腺内部の結節に対しては年間約600例の、エコーガイド下甲状腺穿刺吸引細胞診を行っています。甲状腺がんと診断すれば速やかに手術の手配を行います。

3.高品質な糖尿病チーム医療

 糖尿病腎症や網膜症、naibunpi001心筋梗塞などの合併症併発患者さんが後を絶たない現実を真摯にとらえ、「生活習慣病の根本は生活習慣にある」ことを忘れず、チーム医療による患者指導を最も重視し、8日から10日間の糖尿病治療入院(糖尿病教育入院)を行っています(年間約300名)。また、病態に沿った適正な薬物療法に関する臨床研究にも取り組んでいます。特に血糖不良の初回教育入院患者の退院後の調査から 未治療 2 型糖尿病患者の治療法の予測因子を検証し、糖毒性解除とチーム医療の重要性を証明した河原らの論文は、全国から高い評価を受けました。naibunpi002長期にわたって多くの糖尿病薬で治療がなされてきた場合も当院のチーム医療で改善される方も多くみられます。
 また、「糖尿病チーム医療小委員会」が中心となり、各診療科に入院する糖尿病患者さんに対し、できる限り適切に、安全に、効率的に血糖管理・指導が可能となるようにさまざまな活動を行っています。

4.地域における生活習慣病予防対策への参画

糖尿病の地域連携【オールインワンシステム】 富山県の中核病院という立場から、地域における保健指導力のレベルアップと情報交換を目的に、各種勉強会に参画し、富山県全体の保健、福祉、医療の連携に貢献しています。当院が目指している糖尿病医療連携は、「オールインワンシステム」として広く知られるようになりました(左図)。日本内分泌学会内分泌代謝科認定教育施設、日本糖尿病学会認定教育施設として、日本の医療の流れを見据え、疾患の早期発見と健康寿命の延長に努力して参ります。

当院「糖尿病チーム医療」の概要はこちらをクリックしてください。(PDF:5.7MB)

関連リンク
糖尿病教室生活習慣病指導室四ツ葉会

診療担当表

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
内科(2F)再診1 加藤 赤堀 加藤 赤堀 赤堀
内科(2F)再診2 臼田(里) 加藤 圓山 臼田(里) 圓山

医師紹介

医師名・職位 専門分野 資格
医長 赤堀弘 部長
赤堀 弘
(あかほり ひろし)
糖尿病、甲状腺、副甲状腺、脂質異常症、副腎、下垂体、その他内分泌代謝疾患全般 医学博士
日本内科学会総合内科専門医、指導医
日本内分泌学会認定内分泌代謝科専門医、指導医、評議員
日本糖尿病学会認定糖尿病専門医、研修指導医
日本甲状腺学会専門医
日本病態栄養学会病態栄養専門医、指導医
日本肥満学会専門医
日本高血圧学会専門医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医、指導医
日本医師会認定産業医
医長 加藤健一郎 医長
加藤 健一郎
(かとう けんいちろう)
糖尿病、甲状腺、副甲状腺、脂質異常症、副腎、下垂体、その他内分泌代謝疾患全般 医学博士
日本内科学会認定内科医・指導医
日本内分泌学会認定内分泌代謝科専門医
日本糖尿病学会認定糖尿病専門医・指導医
副医長 圓山泰史 副医長
圓山 泰史
(えんやま やすふみ)
内分泌・代謝内科 日本内科学会認定内科

治療について

1.内分泌系の疾患

 内分泌・代謝疾患とは、「ホルモンの乱れに起因する病気」の総称です。
内分泌領域では甲状腺、副甲状腺、下垂体、副腎などの病気が、代謝領域では糖尿病、高脂血症、痛風、肥満症などの生活習慣病が対象疾患となります。

主な対象疾患
1.甲状腺の病気
甲状腺中毒症、バセドウ病、甲状腺機能低下症、橋本病、甲状腺の腫瘍
2.下垂体の病気
下垂体機能低下症、尿崩症、先端巨大症、クッシング病
3.副腎の病気
クッシング症候群、褐色細胞腫、副腎の腫瘍、原発性アルドステロン症、先天性副腎過形成、アジソン病、副腎不全
4.副甲状腺の病気
副甲状腺機能亢進症、機能低下症、副甲状腺の腫瘍

2.代謝系の疾患

1.糖尿病
1型糖尿病、2型糖尿病、若年発症糖尿病(ヤングDM)、妊娠糖尿病、糖尿病性昏睡、糖尿病性腎症
2.高脂血症
3.肥満症
4.痛風

3.糖尿病患者さんの診療コースのご案内

 当院は日本糖尿病療養指導士の資格を有する専門スタッフをはじめとして糖尿病に精通したスタッフがチームを組んで患者さまの管理、指導にあたります。
 また、1型糖尿病、ヤング糖尿病、妊娠糖尿病に対しては完全予約制の特殊外来を行っています。糖尿病のみならず脂質異常症、痛風、など自己管理が必要な生活習慣病が対象疾患となります。
 糖尿病患者さんの自己管理のための効果的な教育プログラムの充実に力を入れており、糖尿病医療チームにより入院~外来~病診連携と一貫した指導を目指し実行しています。

1)教育入院(8日~10日間コース)

 糖尿病初発の方、教育入院経験のない方、良好な血糖コントロールの維持が難しい方、その他かかりつけ医からのご紹介の方が対象となります。
 合併症の精密検査、治療とともに自己管理法を基本から学んでいただくコースです。

2)フォローアップ入院(火曜日入院3泊4日コース、金曜日入院週末4泊5日コース)

 比較的血糖コントロールが安定している方を対象に自己管理法の再確認、薬物療法の再調整を行うコースです。かかりつけ医に通院されている方がご紹介によりよく利用されます。

3)糖尿病シニア入院

 自己管理が難しい場合のケア家族への指導が中心となるコースです。

4)妊娠糖尿病教育入院

 妊娠糖尿病の方に対し、食事、インスリン治療、生活指導とともに、助産師の指導が組み込まれています。

5)外来チェックコース

 かかりつけ医に通院されている方がご紹介により2週間毎計4回通院していただき、合併症の検査を外来で行いながら自己管理のための学習をしていただくコースです。内科外来生活習慣病指導室の日本糖尿病療養指導士がご案内の上、適切に指導します。糖尿病教室、栄養相談などの指導が組み込まれています。

4.糖尿病に対する主な診療内容

A.病態把握のための検査

血糖コントロール、インスリン分泌、インスリン抵抗性などの検査
CGM(持続血糖モニター)による血糖検査

B.合併症検査

網膜症、腎症、神経症、動脈硬化症、脂肪肝などの検査

C.治療薬の適正使用

経口血糖降下剤、インスリン自己注射、合併症の薬等の検討と処方
1型糖尿病に対するインスリンポンプ療法(CSII)

D.自己管理学習

ビデオ学習、血糖自己測定、食事ノート記録(食品交換表に沿って)

E.集団指導

糖尿病教室参加、病棟での各職種によるミニ講義(医師、栄養士、薬剤師、検査技師、日本糖尿病療養指導士、看護師)

F.個別指導

栄養士による栄養指導、薬剤師による薬物指導、日本糖尿病療養指導士による生活指導

G.その他

糖尿病友の会「四ツ葉会」のご案内、雑誌「さかえ」のご紹介など

関連リンク
糖尿病教室生活習慣病指導室四ツ葉会

5.病診連携について

 生活習慣病とくに糖尿病の問題は合併症です。糖尿病の放置、治療中断、管理不良などのために、糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経症、下肢壊疽、動脈硬化進行による急性心筋梗塞や脳梗塞などにより富山県下の医療機関より当院各診療科に入院される患者さまは依然増加の一途を辿っております。 また、そのような方は感染や心臓等の血管合併症のリスクが高いため、他の治療をすぐには受けられないこともよくあります。
 また内分泌疾患が糖尿病や高血圧の日常診療に長期間隠れている場合もあります。私どもは内分泌領域の専門医としてこのような患者さまが富山県から少しでも少なくなるようにと願い自覚を持って診療にあたりたいと思っております。
 また、逆に専門医だけの診療では健康診断やきめ細やかな対症療法は不得手です。患者さまが健康を維持していただくには私どもがご開業の先生方と連携し役割分担して診療する必要があります。
 最近では当部門の診療体制にご理解いただき患者様さま、ご開業の先生方と連携を密にしながら合併症を発症、進行させることなく管理させていただく体制が構築されました。

1.当院での診療

 病態の診断、合併症の検査、治療、その他の疾患の検査、自己管理のための指導定期的(年に1回から2回)のチェックなど、重症疾患併発時の緊急対応、入院など

2.かかりつけ医での診療

 病状が安定した患者さんの定期検査、処方、一般健康診断、他疾患併発時(感冒、胃腸炎など)の治療、在宅支援システムの利用、定期的(年に1回から2回)に当院に紹介、重症疾患併発時の緊急対応(当院への緊急連絡など)

ページトップに戻る