HOME >セクション紹介 > 中央病棟A 6階北

セクション紹介

 


中央病棟A 6階北

 

脳神経外科・消化器内科

 6階北病棟は、脳神経外科と消化器内科の混合病棟です。
 脳神経外科は、脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血等の重篤な患者さんが多く、術後のドレーン管理や血圧、血糖コントロール、服薬管理、食事指導、再発予防のための生活指導、機能回復を目標としたリハビリ等、多職種とともにその人の退院後の生活ACP(Adovance Care Planning)を見据え全力で関わっています。リハビリテーションの継続のために、回復期病院に転院することも多く、週1回カンファレンスを行い、入退院支援職員とともに入院早期より退院調整をはかっています。
 消化器内科においては、検査や治療入院だけでなく、終末期患者さんの症状緩和のために、緩和ケアチームと協働し、その人らしさを大切にしたケアや、家族ケアにも力を注いでいます。
脳神経外科・消化器内科
















リハビリテーションチームの活動の様子はこちら
病院マップへ戻る