富山県立中央病院

文字の
サイズ

  • 文字を大きくする
  • 文字を小さくする

お知らせ

歯科口腔外科 一般向けのお話

2016/03/22

1.スポーツガード(マウスピース)について

 皆さんはスポーツガード(マウスピース)と言う言葉を聞いたことがありますか?ボクシングやラグビーの選手が口の中に入れているものを見たことがあると思います。これはスポーツガード(マウスピース)と言うもので、顎に対して外力がかかったときに上顎骨や下顎骨、歯を守るものです。作り方は上下顎の歯の印象を行い、プラスチックを用いてその人だけに合ったものを作製します。今のところ保険はききませんので自由診療となります。今後、当科でも取り扱う予定ですのでご期待ください。

2.ビスフォスフォネート関連顎骨壊死について

ビスフォスフォネート関連顎骨壊死 ビスフォスフォネート系薬剤(BP)は骨粗鬆症や癌の骨転移などに使用されている薬剤です。しかし、最近この薬剤の使用経験のある方が抜歯などの治療を受けた後に、顎骨壊死を生じる場合があることがわかってきました。発生リスクが高い治療は、抜歯、歯科インプラント手術、顎骨手術などです。当科ではガイドラインに従って手術を行い、その予防に努めています。内服期間、患者の状態などによりその対応が異なりますので、BPの使用経験があり、抜歯等が必要な方は、当科を受診してください。BP以外にヒト型モノクロナール抗体製剤でも顎骨壊死を生じる事があります。

お知らせ一覧へ戻る

ページトップに戻る