富山県立中央病院

文字の
サイズ

  • 文字を大きくする
  • 文字を小さくする

お知らせ

呼吸器外科-Q&A

2016/03/22

Q1.肺がん検診の仕組みについて教えてください。

A.肺がん検診は胸部レントゲン写真で肺の異常影や喀痰細胞診での異常を発見することから始まります。図にありますように各検診施設またはかかりつけの医療機関で検診を受けてください。中には咳や痰、胸部痛などの自覚症状でかかりつけの医療機関で撮ったレントゲン写真で偶然に発見される場合もあります。

検診機関の説明
1.肺がん検診

 各地域厚生センター(旧保健所)、富山市保健所が主体となる肺がん検診で、他のがん(胃、大腸、前立腺、子宮、乳房)の検診も行っている。40歳以上の国民健康保険の被保険やや健康保険加入者の家族が対象で、受診券付の個人通知が郵送されてきます。指定医療機関か地区単位の検診車による集団検診の選択が可能です。指定医療機関に関しては郵送されたパンフレットを御覧になるか最寄りの厚生センターまたは富山市保健所にお問い合わせください。

2.人間ドック

 各医療機関にて受け付けていますのでそれぞれお問い合わせください。

3.職場検診

 各企業が行っており、検診を依託された検診機関が検診を行います。

精密検査の説明

1.胸部異常陰影や喀痰の異常が疑われますと各個人に「精密検査が必要」として通知がまいります。その通知や医療機関の紹介状をお持ちになって、総合病院を受診してください。

2. 検査内容
各総合病院によって異なりますので、中央病院での検査の流れについて説明いたします。
中央病院での検査の流れA.呼吸器外科または呼吸器内科で受付をしていただきます。
B.再度胸部レントゲン写真を撮らせていただきます(場合によっては紹介医療機関のレントゲン写真で結構な場合があります)。喀痰異常の場合は再度、喀痰細胞診検査を行います。
C.呼吸器系の専門医が診断し、必要があれば胸部CTを撮ります。予約検査になりますので数日後になる場合があります。
D.放射線専門医と呼吸器専門医が胸部CTの診断を行い、外来で説明いたします。
E.胸部CT上肺腫瘍が疑われたり、喀痰細胞診で肺がんが疑われた場合は、気管支鏡検査や肺生検を行う場合があります。この検査の必要性や手技、合併症につきましては外来担当医が詳しく説明いたします。
F.以上の結果、肺がんと診断されれば患者さんとご家族に病状や治療の必要性と合併症を十分に説明し、最良の治療法を選択します。また、肺がんとの確定診断がつかなかった場合は、3ヶ月後の再検査を前提に経過観察をするか、胸腔鏡下手術で腫瘍切除を行って確定診断するかを決めます。

 以上の肺がん検診が、癌の早期発見につながり治癒することも可能です。みなさまが積極的に検診を受けられることを心から望んでおりま
す。

お知らせ一覧へ戻る

ページトップに戻る