富山県立中央病院臨床研修プログラム

初期臨床研修の特徴

いよいよ1人の「医師」として歩み始めるとき。これから何を専門とし、どのような医師をめざすのか…自分の未来像が明確に見えている人は多くないかもしれません。それゆえ初期臨床研修では、幅広い診療科で、多様な経験を重ねることが、未来への大きな力になります。
富山県の基幹総合病院である当院には、みなさんの可能性を育み広げる卓越した環境があります。 さまざまな診療科で数多くの症例を経験・学習することはもちろん、救命救急センター、周産期医療センター、緩和ケア病棟などでは、当院でしかできない経験がみなさんを待っているでしょう。
さらに優れた指導医や多くの患者さんとの出会いは、臨床能力だけでなく、心の優しさ・たくましさを育んでくれます。そして私たちもまた熱意あるみなさんとの出会いを楽しみにしています。よりよい日本の医療の未来へ、ともに歩んで行きましょう。

初期臨床研修の基本理念

当院は「やさしさを感じる医療・信頼できる医療・安心できる医療」の理念のもとに医療を行っています。その精神を大切に、初期臨床研修を実施していきます。
初期臨床研修では医師としてのキャリアを始めるにあたっての基本的な知識、技術を学ぶとともに、今後医療を行っていく上で重要となる問題解決能力などの基本的な思考力・判断力を身につけることを目標とします。
また、患者さんの立場に立ち、患者さんの気持ちに寄り添えるような医療人として成長し、患者さん・家族から信頼されるような人格を培っていくことを目指します。

初期臨床研修の基本方針

  1. 1. 医療に携わる人間としての人格の涵養に努める
  2. 2. 多職種の医療スタッフと協調性をもってチーム医療を実践できる
  3. 3. 患者さんとその家族に対し、全人的な医療を実践できる
  4. 4. 医療安全を理解し遂行できる
  5. 5. プライマリケアの基本的診療能力(態度・技能・知識)を身につける

富山県の基幹総合病院としてのメリットを生かし、数多くの症例および各診療科のプライマリケアの充分な経験・学習が可能です。また指導医の多くは指導医講習を受講し、多様な知識・見解を得て、よりよい指導体制の構築に努めています。

救命救急センターで、常駐する専任医師の指導のもと多種多様な救急症例にあたり、高効率かつ系統的に知識・技術を習得できます。
また、平成27年8月からドクターヘリの運航が開始し、初期研修医は2年次に同乗研修を行います。

総合周産期母子医療センターと緩和ケア病棟があり、生命の誕生から最期の看取りまで、一生をみすえる医療に携わることができます。

富山県のがん診療連携拠点病院として、手術、放射線療法、化学療法、緩和ケアなどがん診療の充実を図っており、数多くのがん症例やがん関連の疾患が経験できます。

研修医は救急症例をはじめ重症度・緊急度が高い病態・疾患について臨床判断し、指導医・専門医へのコンサルテーションを経て治療を進めます。こうしたプロセスにより、自己の臨床判断の客観的な分析と課題の発見ができ、臨床能力が効率的に向上します。

各診療科でのローテーション終了ごとに、行動目標・経験目標の達成度を振り返り、次の診療科でのローテーションにつなげます。
また、さまざまな講義・講習や研修医同士での勉強会を通して、臨床現場で習得した知識・技術の定着・研鑽を図ります。

地域医療協力病院であるかみいち総合病院、南砺市民病院飛騨市民病院と連携し、総合内科と在宅・巡回診療の研修を行うとともに、地域の各施設・機関との連携についても学べます。

立山黒部アルペンルートは、1971年の開通以来、多くの観光客が訪れる富山で人気の観光スポットです。標高2,450mの室堂には観光客や立山で働く人々のための診療所があり、特に観光客が多い夏の間、当院から医師を派遣しています。研修医も山岳で発生する怪我や病気に対応する立山診療班に参加できます。