産婦人科

初期研修医へのメッセージ

 当科は母子医療センターであり周産期においてハイレベルな研修が可能です。また全国に16施設(2015年)しかない腹腔鏡下広汎子宮全摘術の先進医療認定施設でもあり、全国トップレベルの内視鏡手術研修ができます。 生殖医療も行っており、広い分野での症例をくまなく経験できることが特徴です。
 全国どこからの研修医も受け入れます。また6年目以降の研究・勤務なども責任を持って対応いたします。

手術

指導医数

日本産科婦人科学会 専門医8名・指導医3名、
日本産科婦人科内視鏡学会 腹腔鏡技術認定4名・子宮鏡技術認定1名、
日本産婦人科腫瘍学会 専門医2名、
日本周産期新生児学会 専門医2名、
日本女性医学会 指導医1名、日本がん治療認定医3名

外来・入院など 患者数

外来患者
2800(産科600、婦人科2200)名(1ヶ月平均)
入院患者
150 (産科 70、婦人科 80)名(1ヶ月平均)
手術件数
約90件/月(産科20件、婦人科70件)
分娩件数
約90件/月、体外受精 約100周期/年

学会認定施設

日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設
日本産科婦人科内視鏡学会認定修練施設
日本周産期・新生児学会母体胎児専門医研修施設
日本婦人科腫瘍学会指定修練施設
日本がん治療認定機構認定研修施設

勤務者出身大学

信州大学、自治医科大学、富山大学、筑波大学、東邦大学、金沢大学、藤田保健衛生大学、群馬大学、岐阜大学

プログラムをダウンロードする