外科

初期研修医へ

 専門医は、臨床医を志す者にとって、最も必要となる資格であり、最初の関門です。当院では、専門医資格を、高いレベルで取得できる環境を整えており、基本的知識、診療能力の習得のみでなく、高度先進医療にも対応できる専門医の育成を目指しています。
 当プログラムでは消化器外科、心・血管外科、呼吸器外科、小児外科、乳腺・内分泌外科、救急すべての領域で多数の専門医・指導医が在籍しており、各分野で充実した指導体制が整っています。“善い外科医”を目指し我々と外科の発展に貢献しましょう。

外科専門医の目的と使命

  1. 1) 専攻医が医師として十分な知識・経験を持ち、患者から信頼される医療を提供できる外科専門医となること。
  2. 2) 専攻医が外科領域の専門的診療能力を習得すること。
  3. 3) 外科専門医の育成を通して国民の健康・福祉に貢献すること。
  4. 4) 外科領域全般からサブスペシャルティ領域(消化器外科、心臓血管外科、呼吸器外科、小児外科)またはそれに準じた外科関連領域(乳腺や内分泌領域)の専門研修を行い、それぞれの領域の専門医取得へと連動すること。
  5. 5)「高潔な人格、外科全般にわたる幅広い臨床経験と科学的な思考力を有し、難易度の高い手術を安全に行い得る高度な技術を有する外科医」になることを目標とする。

連携施設

 連携施設は富山大学、金沢大学、かみいち総合病院、南砺市民病院の4つです。大学病院研修では、高度で専門的な分野を研修し、関連施設では地域の医療資源や救急体制を把握し、医師として基本的な力を獲得します。当院での臨床研修を中心とし、初期臨床研修から専門医教育まで一貫した教育体制が構築されており、じっくりと確実な専門医育成に取り組んだプログラム内容となっています。

手術

手術

プログラムコース

 富山県立中央病院外科研修プログラムの研修期間は3年間としていますが、修得が不十分な場合は修得できるまで期間を延長することが可能です。一方で、カリキュラムの技能を修得したと認められた専攻医には、積極的にサブスペシャルティ領域専門医取得に向けた技能教育を開始することができます。

・専門研修1年目

 原則として富山県立中央病院で研修を行います。消化器外科/心・血管外科/呼吸器外科/小児外科/乳腺・内分泌外科/救急経験症例200例以上

・専門研修2年目

 連携施設群のうちいずれかに所属し研修を行います。消化器外科/心・血管外科/呼吸器外科/小児外科/乳腺・内分泌外科/救急経験症例350例以上/2年

・専門研修3年目

 原則として富山県立中央病院で研修を行います。消化器外科/心・血管外科/呼吸器外科/小児外科/乳腺・内分泌外科/救急術者120例以上/3年不足症例に関して各領域をローテートします。

 専攻医は基本研修期間内においても希望サブスペシャルティ領域を重点的に研修することが可能です。専門研修プログラム統括責任者が専攻医の基本領域研修と希望するサブスペシャルティ領域研修の調整を行って、専攻医ごとの研修プログラムを作成します。

取得可能なサブスペシャルティ

  • ・消化器外科専門医
  • ・心臓血管外科専門医
  • ・呼吸器外科専門医
  • ・小児外科専門医・乳腺専門医
手術

プログラムをダウンロードする