研修科目・期間 | 国内・海外派遣研修

最高水準の先進医療を学ぶ!ピッツバーグ大学短期研修

 平成26年より、臨床研修医を対象としたピッツバーグメディカルセンターへの短期海外派遣研修がスタートしました。同センターは、がん医療、臓器移植などの高度先進医療はもちろん、救急医療・プライマリケアや在宅医療などの地域医療サービスにおいても評価が高く、世界中から医師が留学、研修に赴いています。
 当院では、初期臨床研修2年次に、1週間程度の研修を行います。
 みなさんもぜひ当院で世界最高水準の医療に触れてみませんか。

研修内容

  • アメリカの医療制度・医学教育制度についての講義
  • 救急部、女性のための病院、ER、家庭医、TICU(臓器移植患者のための集中治療室)、小児病院などの病棟・外来見学
  • アメリカでのコミュニケーション技術についての講義
  • パラメディック(民間の救命救急士)の救急ステーションの見学、歴史やシステムについての講義
  • 麻酔科カンファレンス(学会発表の予行)見学 など

研修内容はピッツバーグ大学の先生と相談し、研修医の個別の希望も考慮して決定しています。

学びの大聖堂
ER ER

地域医療の原点を学ぶ!沖縄短期研修

 沖縄は遠隔型の小規模離島が19島(20診療所)あるため、日本では珍しい総合医による滞在・全科対応型へき地医療が構築されており、地域医療の原点があります。離島医師は島民一人ひとりの「メディカルコンシェルジュ」として慢性疾患においては日常生活や社会的背景を踏まえた治療を行い、緊急の場合も15分以内に往診に向かえる体制を整えています。みなさんも、離島研修を通して地域医療の支援体制について学びませんか。

沖縄県立中部病院

  • 離島支援の中核的役割を担い、また、沖縄県にある離島の診療所に勤務する医師を育成。
  • 戦後の医療復興は救急を中心に行われており、沖縄県内の救命救急センターとして、救急医療の中心的な役割を担っています。
  • 日常診療で民間の医療機関が対応できない重症例や特殊な臨床症例を受け入れ、地域で連携した医療支援を行っています。

沖縄県立病院診療所 阿嘉診療所

  • 島唯一の医療機関。阿嘉島、慶留間島の2島を担当。
  • 離島医療を通し、地域医療の原点を学ぶことができます。
  • 全科にまんべんなく対応でき、赤ちゃんからお年寄りまで幅広く診られる総合診療力について学ぶことができます。

沖縄県立宮古病院

  • 特に救急医療・精神医療において、宮古保険医療圏域の中核病院としての機能を果たし、地域の医療機関との連携を密にしながら、地域完結型の医療を提供しています。
沖縄
沖縄県立中部病院 沖縄県立宮古病院

研修報告

○ピッツバーグ研修報告武島 健人

ピッツバーグ大学短期研修Photo 今回は日本とアメリカの医療の違い、海外でキャリアを積むことの意義という2つのテーマをもって参加しました。
 様々な施設を見学した中で特に興味を持ったのが、国際医療コンサルタント活動です。ここではリーダーシップや人的資源、医療経済、ITなど病院経営について研修会を開催していました。「リーダーシップはテクニックであり、勉強するものだ」という話を聴き、日本でも医療経営について学ぶ機会があるとよいなと思いました。
 また、呼吸器外科チーフとして勤務する傍ら、肺移植の研究もされている重村先生のラボを訪問。臨床と研究を両立させることで得るものも大きいという話でした。自分も将来の研究テーマになりそうなClinical Questionを持っておきたいと感じました。
 アメリカでは「良い仕事には良い報酬」というシンプルな競争原理の中、キャリアアップに向けて技術やプレゼンテーションに積極的に取り組んでいるように思いました。また、より良い医療を提供するには固定観念に縛られない柔軟な発想が今後重要であり、その一つに海外でキャリアを積むという選択肢があることを実感しました。そして自分もさらに高みを目指していきたいと再認識しました。

○UPMC見学を終えて中井 文香

ピッツバーグ大学短期研修Photo UPMCは世界有数の規模の病院群であり、私たちはその一部の施設を見学するという形になりましたが、1つの病院だけでも複数の手術室や集中治療室があり、その規模に圧倒されました。
 日本の医療現場と大きく違うと感じたのは、スタッフの人数が多く、分業化が進んでいることです。手術室では、日本では医師にしか許されていない気管挿管を施行している看護師もいましたし、高度な資格を取得して医師と看護師の間のようなポジションで患者さんに接している看護師もいました。医師にとってはある程度任せられるスタッフが増えることで患者さんのマネジメントに専念できますし、看護師にとっても意欲に応じて仕事の幅を広げていける環境があることに魅力を感じました。
 また実際に勤務・留学されている日本人の先生とも面談。やりたいことをしっかりイメージし、積極的に行動していらっしゃる姿はとても素敵でした。これまでは留学も含め、海外で働くことは無縁だと思っていましたが、もし今後、自分が目指すものの先に外国で働くことが選択肢にあれば、積極的に考えてみたいと思います。

○沖縄研修を通じて松野 貴弘

沖縄研修Photo<沖縄県立宮古病院>
 3日間の研修で、地元の人や観光客など多くの人々と触れ合うことができました。救急の現場では余分な検査は極力行わず、最低限の検査のみで治療方針を決定します。例えば当院でも実施可能なスメア検査です。その他の特徴としては、地域の特性からツツガムシ病が多く、海岸ではハブクラゲによる刺傷例が多いということです。
 
<沖縄県立中部病院>
 救急車は1時間に1台くらいのペースで、一日の救急件数は約100件。血培、採血などは基本的には医師が行い、1年目がファーストタッチをし、2年目にコンサルトする。軽症患者であれば2年目の判断で帰宅も可能で、重症患者であれば3年目以降の上級医にコンサルトし、入院などを判断していくとのことでした。
 
<阿嘉診療所>
 一言で表すなら「Dr.コトー」の世界。重症の患者は日中はドクヘリ、夜中は自衛隊のヘリを使って本土まで搬送していました。薬剤の処方や一包化も先生が行っており、限られた医療資源の中、いかに個人のニーズに合った医療を行うかを学びました。
 沖縄のどの病院も、人と人の結びつき・信頼関係をもとに最高の医療を提供されている先生方の姿を間近に見ることができ、ここで学んだことを今後の医師人生に活かしていきたいと思いました。

○沖縄研修を終えて前田 悠紀

沖縄研修Photo<沖縄県立宮古病院>
 沖縄県の病院の特徴として、感染症に関して医師がスメア検査を行い、検鏡し、スペクトラムの狭い抗生剤を投与していました。今回は私も便や痰のスメアを数例経験しました。染色から観察の仕方まで初心者でしたが、丁寧に教えていただきました。
 
<沖縄県立中部病院>
 沖縄県には有人離島が40あり、19島に診療所があります。県立中部病院は診療所に勤務する医師を育成する役割も果たしているそうです。沖縄は意外にも生活習慣病が多く、肝硬変もウイルス性よりアルコール性が多いのが特徴だそうです。また「なんくるないさ」の精神で重症にならないと病院を受診しない傾向も高いそうです。
 
<阿嘉診療所>
 医師1名、看護師1名、事務員1名の3名で小児から高齢者まであらゆる疾患に対応していました。観光客による海の事故も多く、中には溺水や減圧症、肺水腫などの患者もいるそうです。
 今回の研修では富山と違った沖縄の医療を肌で感じ、レベルの高い診療に当たっている現場を見ることができ、刺激になりました。