HOME >看護部について > 専門・認定看護師の紹介

看護部について


専門・認定看護師の紹介

専門看護師

 

  
 
小児看護専門看護師:松井 弘美

 2012年12月に日本看護協会が認定する小児看護専門看護師の認定を受けました。サブスペシャリティー分野は、子育て支援分野です。

 専門看護師制度の目的は、「複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族及び集団に対して水準の高い看護ケアを効率よく提供するための、特定の専門看護分野の知識・技術を深めた専門看護師を社会に送り出すことにより、保健医療福祉の発展に貢献し併せて看護学の向上をはかること」です。

 複雑で、解決困難な看護問題とは何か、それは患者さんと看護師や医師とだけでは解決できない、多職種を巻き込んだ介入が必要な場合、あるいは、医学モデルや看護モデルだけでは解決できない、個々の人々の価値観や人生観、哲学も含めた判断や解決策を要求される場合などです。

 しかし、私は、実際には日々の小さな疑問や、心に引っかかる違和感について、それが何なのかを整理して、看護師間 共有できるよう言語化するといったこと地道に実践しています。 

小児病棟でよく起こる小さな違和感や、心に引っかかることとはどんなことか、例を下に挙げます。

1.昼寝中の子どもに採血をするために、訪室した主治医が、寝ている子どもをおこして処置室へ連れてくるよう指示された。

2.学童期の手術を受ける子どものお母さんから、「この子、怖がりだから手術の説明をしてほしくないし、浣腸も『ちょっと見せて』と言ってすぐに行ってください。」と言われた。

3.入院中の子どもの母から「兄弟が入院となって、世話をする人がいないので上の子どもたちも全員学校を休ませて病院にいさせてください」と言われた。

これらは、いずれもこれが唯一という明確な解決策があるわけではなく、そのまま家族や医師から言われた通りにケアを実施しても、誰からも責められるようなことはありません。しかし、倫理的感性の高い看護師は、このことに疑問をもち、違和感をおぼえることがあります。そうした看護師のもつ高い感性の芽を摘み取ることなく真剣に考え、問題を整理して取り組むことが、職場風土の変化に繋がると考えております。

また、支援の方向性を考えるにあたり、医療者として最大限子どもの権利を擁護しようと考えるだけでなく、親や家族の立場や思いも考慮して解決策を提案したいと考えております。看護介入して、「よかった!」と自分がすっきりした気持ちになるということは、もしかすると自分だけがすっきりしていて、肝心の本人とその家族はすっきりしていない場合が多いということを常に肝に銘じて仕事をし、職場の皆様とともに、日々学習し、日々成長しつづけたいと思っております。


トップへ
がん看護専門看護師:坂井 桂子

 がんという病気を持ちながら生活されている方や、そのご家族の方々に関わらせていただいています。病気を持ち、生活の不自由が少しずつ増す中でも、したいこと・できることは沢山あると思います。それらを本人・家族・医療スタッフと一緒に考えながら掘り起こし、時には病院外の医療・介護資源も上手に利用して生活していただけるよう、地域の関係者と連携・協働しています。


トップへ
がん看護専門看護師 竹中 健
がん看護専門看護師:竹中 健

 私は、大切な家族が病気になったことをきっかけに、看護師になることを決意しました。当時、家族としての自分に一体何ができるのか悩みました。定期的に面会に行くこと、必要に応じで経済的援助の準備をしておくことが、自ら考えてできた精一杯でした。家族の病名はがんでしたが、会社員であった私にとって、仕事が終わり面会に行ったときに出会う看護師が心の救いでした。治療の過程を通して、実に多くの様々な人達に支えられました。がんとともに生きる人を支えていきたい! 今の私の原点があります。

 私は2015年にがん看護専門看護師に認定されました。専門看護師の仕事は、看護学の発展に寄与するため、看護実践・相談・調整・教育・倫理調整・研究などが求められます。現在は、外来、通院治療、緩和ケアセンター、病棟など、地域と病院をつなぐ場での活躍が期待されています。がんと診断された方やその家族と、“今とこれからをどう創るか”について、一緒に考えるお手伝いをさせていただいています。病気の診断がつく前の気持ちが揺れ動くとき、医師から悪い知らせを聞き何も考えられないとき、治療に立ち向かうことを決めるとき、治療を継続していく気力がなくなりそうなとき、病気に伴い家族や友人との関係に悩むとき、育児や介護との両立に迷うとき、仕事を辞めることを考えるとき、何気ない日常の中で不安になるとき、治療の効果がみられなくなったときなどに、話を伺うことで、お役に立てるのではないかと考えています。

 富山県に限らず全国各地で、家族形態が変化し、核家族や一人暮らしの患者さんが増えています。各家庭の事情や住まいのある地域の実情に合った方法で、患者さんや家族が安心して療養できるように、地域の診療所や訪問看護ステーションとも連携を強化しています。その他にも、看護師の相談支援、学会発表、看護師養成機関での講義等を通じて、看護の質の維持・向上に貢献できるように努力しています。いつも学ぶことが多く勉強させられます。

 最後に、私は、誰と何をどう話すかが重要だと思います。今の思いや考えを打ち明け、話し合うなかで、最善の道が開かれるという経験を何度もしてきました。もちろん、解決できない問題もあります。今ある思いを共有し、一緒に考えさせてください。あなたは、決してひとりではありません。


トップへ
がん看護専門看護師:時山 麻美

 私は平成28年に日本看護協会が認定するがん看護専門看護師の認定を受けました。得意とする分野は、緩和ケア、リンパ浮腫です。

 緩和ケアは近年、がんだけでなく、非がんも含めて広く必要とされるケアとして考えられています。そして、超高齢化社会、多死社会を迎えた日本では、がんとともに認知症をもつ患者・家族や非がん疾患の患者・家族のエンド・オブ・ライフを支えていく機会もますます増えていくことになります。めまぐるしく変化していく社会の中で緩和ケアに求め有れるニーズは広がり、そして提供するケアの「質」が問われてくるでしょう。そのような中で、私たちは多様な価値観を柔軟に受けとめ、そして苦悩や死に向き合って生きる患者さんとご家族に寄り添い支えていく上で、質の高いケアを提供していくことが大切になってきます。このようなことから、複雑で対応が難しい事例に対し、しっかりと患者さんがその人らしく過ごせるように支援していきます。

 また、医療リンパドレナージセラピストの資格をいかし、浮腫で悩んでおられる患者さんへの直接のケア、スタッフへの教育を行っています。

 専門看護師として、県内の医療福祉関係者と顔の見える関係を築き、ともに学び合い、県内のがん看護の質の向上に貢献できるよう日々努力していきたいと思います。


トップへ

認定看護師

救急看護認定看護師 大屋江里子
救急看護認定看護師:大屋 江里子
救命救急センターにおいて、超急性期にある患者様とご家族に対し、病態や段階に応じた適切な看護の実践に努めています。さらに他職種との良好なコミュニケーションと即応力のあるチーム医療を目指しています。
 
 


トップへ
救急看護認定看護師:坂井 祐樹

 平成27年より県立中央病院ではドクターヘリが運用開始となり、翌28年には新棟が建ち先端医療棟が開棟いたしました。当院は富山県の基幹病院として大きな役割を担っています。救急場面において様々な病態に即応し、やさしさ・信頼・安心の理念のもと、患者さんとその御家族の身体的・精神的支えとなれるよう取り組んでいます。


トップへ
皮膚・排泄ケア認定看護師 :志田 麻依子

 私は、皮膚・排泄ケア認定看護師として、おもに褥瘡・ストーマ・排泄に関するケアに携わっています。褥瘡ケアでは、院内の褥瘡対策チームの一員として各病棟のスキンケアリンクナースと協力しながら褥瘡予防に取り組んでいます。また、ストーマを持つ患者さんが、その人らしい快適な日常生活を送れるよう入院から退院後までのケアを行っています。


トップへ
集中ケア認定看護師 前坪 瑠美子
集中ケア認定看護師:前坪 瑠美子
 集中治療の現場では、呼吸・循環・代謝・脳神経外科などの重篤な臓器不全や外傷などの患者さんに対し集中的な治療と看護を行っています。危機的状況にある患者さんが最善の治療や看護を受けることが出来るよう、回復過程を支援しています。過大侵襲を受けた患者さんの変化を見逃すことなく異常の早期発見に努めること、身体的・精神的苦痛を緩和し、苦痛なく安楽にすごせること、治療による合併症を最小限に抑え日常生活に早く復帰できることを目標に看護を行っています。

トップへ
集中ケア認定看護師:蔵 サユリ
 集中治療室に入院される重傷な患者さんや大手術後の患者さんは、慣れない環境の中、不安や苦痛がとても大きいと思います。その不安や苦痛の軽減のため、注意深い観察と速やかな対応と、ご家族の不安や苦悩に寄り添い支えとなることができるよう努めています。また、できるだけ少ない障害で早期に社会復帰できるよう、リハビリテーションの早期開始に取り組んでいます。

トップへ
緩和ケア認定看護師 川部 章子
緩和ケア認定看護師:川部 章子

外来通院中、入院中のがん患者さん・ご家族のがんに対する悩みについて、よろず相談を受けています。

・病気がこれからどうなっていくのか不安だ、わからないことがあるが聞きづらい、ストレスを感じる、家族のことが心配など。

・治療で皮膚トラブルがでた、外見が変化して人目が気になる、手足がむくんでいる、痛みなど身体のつらさに対する悩み。

・家で生活しづらくなった、なるべく家で過ごしたいがどうすればいいか。

これらの悩みを一人で抱え込まず、がんになってもあなたらしく過ごすことができるよう、 皆さんのお手伝いができればと思っています。


トップへ
緩和ケア認定看護師:中空 真由美

 病気になったからと色々なことを諦めるのではなく、患者さんやその家族に寄り添い、「希望」、「大切にしていること」、「気がかり」などの理解と症状緩和に努めながら、その人らしく生活できるよう支援していきたいと考えています。


トップへ
緩和ケア認定看護師:五十嵐 裕子

 がんなどの病気によるからだや心のつらさをやわらげる緩和ケアは、診断された早期の段階から、病院でも、家でもどこでも受けることができます。苦痛を伴う症状を緩和し、できるかぎり患者さんや御家族の意向に沿った生活を送るにはどうしたらよいのかを一緒に考え、力になりたいと考えています。また、緩和ケアについて、一人でも多くの方々に知っていただけるように活動しています。


トップへ
 
緩和ケア認定看護師:敦賀 晶子

 緩和ケアは、がんと診断された時から行う、身体的、精神的な苦痛を和らげるためのケアです。病気に伴う不安や悩み、辛さの感じ方は人それぞれです。その患者さん、ご家族にとっての一番いい方法、ケアについて、チームで協働して考えていきます。また、退院後も自宅で安心して過ごせるよう、地域連携を図り、シームレスな緩和ケアの提供に努めます。


トップへ
緩和ケア認定看護師:髙田 智美

 患者さんは、病気を診断され治療をすすめる中で、病気や治療の副作用などで身体やこころに様々な苦痛が生じます。そのため、早期から緩和ケアを提供し、苦痛をできる限り和らげ、患者さんが穏やかに過ごせるよう支援していきます。患者さんやご家族の価値観を理解し、「その人らしさ」を大切に、緩和ケアに携わっていきたいと思います。


トップへ
がん化学療法看護認定看護師:高島 友紀子
がん化学療法看護認定看護師:高島 友紀子
 化学療法は、新しい抗がん剤や治療方法がどんどん開発され進歩していますが、副作用の苦痛が少なく治療を受けられるよう、患者さんやご家族の方に情報を提供したり、日常生活のアドバイスを行ったりしています。また、院内スタッフを対象にしたセミナーや勉強会を開催し、院内スタッフがより化学療法に興味をもち、患者さんへのケアが充実したものとなるよう活動しています。

トップへ
  
がん性疼痛看護認定看護師:長戸 陽子

 がん性疼痛は慢性的に持続するもので、痛みの強さや現れ方はさまざまです。また、痛みは身体的な苦痛だけでなく、心理的・社会的にも大きく影響し、生活の質を著しく低下させてしまいます。

私の役割は、がんと診断されたときから治療時期・終末期まで、痛みを抱えた患者さんに対し、一人ひとりにあった痛みの緩和や、それに伴う不安などの相談・アドバイスを行い、がん患者さんが「自分らしく生活していく」ことやご家族が安心して普段の生活を送れるようにサポートすることです。外来通院中・入院中でも相談対応していますので、気軽に相談下さい。


トップへ
感染管理認定看護師:清水 直美
感染管理認定看護師:清水 直美
 感染管理認定看護師には、患者さんやご家族、病院で働く職員など、病院内すべての人々を感染から守る役割があります。私は、感染対策チーム(ICT)の一員として医師や看護師、薬剤師、検査技師、事務職員と協力し病院全体で感染対策に取り組んでいます。

感染管理認定看護師:清水 直美 病院内での感染の発生や拡大を予防するために、研修会の開催やICTニュースを通して職員に感染対策に関する最新の知識や情報を提供しています。また、ICTメンバーやリンクナースの皆さんとともに毎週1回、病院内のラウンドを行い、清潔で安全な療養環境が提供できるよう、病院内の感染対策に関する改善活動を行っています。

トップへ
感染管理認定看護師:平坂 真悟

 当院に通院や入院しておられる患者さんやそのご家族、また勤務している職員のみなさんなど、病院に関わっている全ての方々を感染から守るため、日々活動をしています。 具体的な活動として、全ての職員が正しい知識をみにつけ、適切な感染対策を実施するめの院内感染対策マニュアルの改訂や周知、院内研修会の開催などを行っています。


トップへ
糖尿病看護認定看護師:吉川 知子
  糖尿病、脂質異常症、肥満症など生活習慣に関するアドバイスが必要な患者さんとそのご家族に、健康的な生活習慣をご自分で確立できるようにサポートさせていただいています。食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒などの生活習慣を振り返り、病気と共に生活されている患者さんが生活改善できるように支援いたします。

トップへ
糖尿病看護認定看護師:平川 しのぶ

 「糖尿病はコントロールできる病気であり、適切な治療を続けていけば合併症を予防できる。」と呼びかけられていますが、糖尿病の治療は食事や運動などの生活習慣に密着しているために、患者さんが、学校、仕事、家庭での役割を果たしながら、今までの生活を糖尿病治療に合わせて変えていくことは容易なことではありません。糖尿病を持つ人が生涯にわたり、糖尿病という病気と上手く付き合いながら、その人らしく生活していくことをお手伝いできるように、患者さんの困りごとや気持ちに寄り添うような看護を実践していきたいと考えています。


トップへ
新生児集中ケア認定看護師:濱木 妙子
新生児集中ケア認定看護師:濱木 妙子
 小さく生まれたお子様や、病気で生まれたお子様の急性期のケアを行っています。言葉では表現することが難しい子どもの表情や行動を見る中で、子どもが安全で快適に育つ環境づくりを行い、新生児集中ケア認定看護師:濱木 妙子子ども主体のケアを実践しています。

トップへ
新生児集中ケア認定看護師:田村 美智子
 早産や疾患を持って生まれた赤ちゃんが母体外環境に適応できるよう、ストレスの少ないケア環境の提供に努めています。また両親やきょうだいが赤ちゃんとの家族関係を良好に築けるようファミリーケアも大切にしています。

トップへ
        
手術看護認定看護師:阿部 瑞恵

 手術室は非常に緊張感漂うイメージがありますが、様々な職種のスタッフと協力し、周術期チームの一員として手術看護を提供していきます。手術を受ける患者さんが、より安心で安全な手術が受けられるよう働きかけています。また、1日でも早い社会復帰ができるよう感染管理や合併症予防などに努めています。


トップへ
手術看護認定看護師:吉澤 恵

 手術看護とは、手術を受ける患者さんが安心して手術を受けることができるよう、手術中にとどまらず手術前から手術後にかけての継続した看護を言います。手術前から患者さんと関わり、少しでも落ち着いた気持ちで手術が受けられるよう支援していきます。また手術による合併症を予防し早期回復することができるよう、専門的な知識や技術を用いた手術看護の提供を行っています。

 そして安全な手術が提供できるよう手術室看護師だけではなく手術に関わる他職種と連携を図り、チームとして患者さんを支援できるよう努めていきます。


トップへ
乳がん看護認定看護師:酒井 裕美

 乳がん看護認定看護師は、医師からの説明に対する疑問や手術の方法に迷っている方、あるいは術後の治療に対する不安を抱えている方、退院後の日常生活の中で起きてくる上肢のリンパ浮腫など様々な症状や悩みに対しいつでも相談できる体制をつくりお待ちしております。ご相談のある方は、緩和ケアセンター受付やがん相談支援センター“こもれび”へお越し下さい。


トップへ
乳がん看護認定看護師:長谷川 裕美

 乳がんは、診断を受けてから10年間という長期にわたり経過をみていきます。また、50歳前後が乳がん年齢と言われますが、20~30代の患者さんもおられます。家庭や職場での役割が大きい患者さんが安心して治療を受けることができ、そして望む日常生活を送ることができるよう、一緒に考え支援していきます。


トップへ
摂食・嚥下障害認定看護師:石﨑 貴子

 脳血管疾患や神経難病、手術の影響などで口から食べることが難しくなった方々や、加齢によって筋力が低下し誤嚥しやすくなった方々(誤嚥性肺炎になった方々)が安全に食べられるように、食事の姿勢や食事形態の工夫や、筋力低下を防ぐ運動などを患者さんやスタッフに提供しています。

 患者さんの食べたい気持ちを尊重し意思決定を行えるよう情報提供を行っていきます。


トップへ
摂食・嚥下障害認定看護師:河口 絵里奈

 摂食嚥下障害は「食べること」「飲み込むこと」に障害があることです。高齢者では機能低下により、嚥下機能の低下を認めます。しかし、高齢者以外でも疾患や治療による副作用、廃用により、年代を限らず障害が出現します。嚥下機能の低下は誤嚥性肺炎につながり、肺炎を繰り返すことで「食べること」自体ができなくなる可能性があります。「食べること」は人間にとって必要最低限の欲求であり私たちが生活する中で欠かせないものです。

 そのため、摂食・嚥下障害をもつ患者さんが、安全に長く経口摂取を続けることができるように、患者さんへの援助、スタッフの技術向上に向けた支援をしていきたいと思っています。


トップへ
小児救急看護認定看護師:柿沢 有希子

 受診される子どもとご家族の方の思いを尊重し、子どもの頑張る力を引き出せるような関わりを行っています。病気について心配なこと、成長発達についてなどを相談していただく子育て支援外来を行っています。また、子育て中のがん患者さんで、子どもにがんのことをどう話してよいかわからないと悩んでおられる方々への支援を、緩和ケア認定看護師や、小児専門看護師、がん看護専門看護師とともにチームで取り組んでいます。

 子どもへの関わりに悩んでおられるご家族や医療従者の方の力になりたいと考えています。


トップへ
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師:廣田恭子
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師:廣田 恭子
 脳卒中を発症された患者さんやご家族に寄り添い、患者さんの意欲を引き出すサポートや、麻痺による運動障害、接触嚥下や排泄などの機能障害に対し専門的な知識と技術を用いて現在活動しています。また、他職種との連携を図りながら最終的には生活の質向上を目指したチーム医療の絆を大切にし、急性期からつなぐシームレスな医療を実践しています。脳卒中リハビリテーション看護認定看護師:廣田恭子
 
        

トップへ
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師:松村 江美子
 脳卒中を発症された患者さんやご家族に寄り添い、患者さんの意欲を引き出すサポートや、麻痺による運動障害、接触嚥下や排泄などの機能障害に対し専門的な知識と技術を用いて現在活動しています。     
  また、他職種との連携を図りな がら最終的には生活の質向上を 目指したチーム医療の絆を大切 にし、急性期からつなぐシームレ スな医療を実践しています。
 

トップへ
がん放射線療法看護認定看護師:片山 里美

 がん治療は大きく「手術療法」「化学療法」「放射線療法」に分けられます。放射線療法は近年、治療機器や技術の進歩、化学療法との併用で治療成績が向上していることから、注目度が増している分野です。放射線療法は局所治療で臓器の形態と機能温存が可能であり、全身への有害事象が少ないことから、QOLを高く保持できるという特徴があります。そのため高齢者への適応も多く、放射線治療を受ける患者さんは増えています。「がん放射線療法看護認定看護師」には、二つの役割があります。一つは放射線治療に伴う副作用症状の予防、緩和、およびセルフケア支援、もう一つは安全・安楽な治療環境の提供です。

 放射線治療を受ける患者さんやご家族が、安心して治療を継続できるよう、他部署・他職種のスタッフと協力して治療完遂に向けた支援を行っていきたいと思っています。


トップへ
慢性心不全看護認定看護師 大工 真人
慢性心不全看護認定看護師:大工 真人
 慢性心不全の病態や治療は複雑化・多様化しており、その管理は長期にわたります。そのため、ご自宅で質の高い生活を維持するためには患者様自身およびご家族様が身体症状の理解を深め、自ら治療計画に参加していくことが大切であると考えます。私たち慢性心不全看護認定看護師は、他職種と共働しチームの一員として患者様の治療への援助および生活支援・指導に努め、より質の高い生活に繋げられることを目指しています。

トップへ